特待生/奨励生制度

特待生/奨励生制度

筑女では、自ら努力を重ねて成長し、社会での自己実現を目指す、高い意欲を持った学生を求めています。しかし、経済的な理由から進学や入学後の修学を諦めざるを得ないケースもあります。こうした社会情勢をふまえ、学生一人ひとりの向学心を応援するべく「特待生・奨励生制度」を拡充しました。筑女で、自分自身の可能性を花開かせ、実りある未来を手にするチャンスをつかんでください。
入学試験が対象の制度
推薦入試特待生制度
対象採用人数採用要件 (1)(2)項目のすべてを満たす者免除額
指定校推薦入試50名(1) 特待生での入学を希望し、出願時に申請した者
(2)「家計状況(家計基準不足率)」と「入学試験評価」(各100点満点)の総合点による上位50名
入学時:35万円(入学金+年間施設設備費)
2年次以降:20万円(年間施設設備費)
※原則4年間(継続要件:GPA3.0以上)
※推薦入試特待生採用者も「一般・センター入試特待生制度」にチャレンジできます。
一般・センター入試特待生制度
対象採用人数採用要件 (1)(2)項目のすべてを満たす者免除額
一般入試 (前期日程)5名(1) 国語・英語の合計得点率が75%以上の者
(2) 全学部を通じ成績順位5位以内の者
年間授業料の100%

[形成]75万円
[文学][関係][現社]72万円
※原則4年間(継続要件:GPAによる成績順位 各学年上位10%以内)
大学入試センター試験利用入試 (1期)5名(1) 国語・外国語(英語はリスニングを含め200点に換算)の合計得点率が75%以上の者
(2) 全学部を通じ成績順位5位以内の者
※[形成]・・・人間科学部 人間科学科 人間形成専攻、[文学]・・・文学部、[関係]・・・人間科学部 人間科学科 人間関係専攻、[現社]・・・現代社会学部 現代社会学科
※指定校推薦入試、公募推薦入試A・B、自己推薦入試(1期)、併設校推薦入試A・Bの入学手続完了者も、入学検定料免除で一般入試(前期日程)を受験し、特待生にチャレンジできます。

入学後の修学状況が対象の制度
在学生成績優秀者奨励生制度(2〜4年次対象)
対象採用人数要件給付額
S奨励金3名(各学年1名)GPAによる全学部学年順位1位の者50万円
A奨励金9名(各学年3名)GPAによる学部毎の学年順位1位の者
※S奨励金対象者を除く
20万円
B奨励金120名(各学年40名)GPAによる学科・コース毎の学年順位上位の者
学科・コースの定員により採用人数は異なります。(3〜6名)
※S・A奨励金対象者を除く
10万円
※特待生および奨励生は、本学園育英奨学金との併用はできません。
上記、特待生制度と奨励生制度は全て併用が可能です。免除ならびに給付される額は、本学の規程により、入学時は入学金および校納金、2年次以降は校納金を上限とします。

奨学金の詳細はPDFをご確認ください。