学部・学科

人間科学部 人間関係専攻 社会福祉コース

サンプル画像
年代や生き方によって少しずつ異なる人間の多様な心理。
現代社会のあり方や、人と人とのつながり、人と社会の関係など、心理学をベースに理解を深めながら、私たちが生きる「今」を見つめます。
一人ひとりの目標や将来の進路を早い時期から設定し、段階的な学びで着実にレベルアップ。 実践的な知識と技術、高いコミュニケーションスキル、豊かな人間性を磨き、福祉・教育分野をはじめ、幅広い分野で活躍できる人材を育成します。

教育の特徴と目標

共に生き、支えあうために。社会福祉の専門職を目指します。

共に生き、支えあうために。社会福祉の専門職を目指します。
私たちは生活をする中で、病気、老い、障がい、貧困など、様々な困難に出会います。これらを少しでも軽減し、人々が前向きに生活していけるように手伝うのが社会福祉の仕事です。本コースでは、社会福祉に関する法律や制度などの枠組みをはじめ、困っている人の話を聞く相談技術まで、幅広く学びます。特に、社会福祉士や精神保健福祉士を目指す学生には、相談援助の専門職としての技術をきめ細やかに指導する、少人数のサポート体制を整えています。

ソーシャルワーカーや教職員など社会福祉の様々な場面で実力を発揮。

本コースでは、多くの学生が社会福祉士国家資格の取得を志し、社会福祉施設、相談機関、医療機関などで社会福祉士(相談援助の専門職であるソーシャルワーカー)として活躍することを目指します。また、精神保健福祉士国家資格を取得することで、精神障がい者の社会復帰施設などでも働くことも可能です。さらに、福祉科の高校教員免許や特別支援学校教員免許を取得して、本コースで学んだ社会福祉の理論や技術を次の世代に伝える教員の道も開けています。

資格・進路について

取得できる主な資格

●社会福祉士国家試験受験資格
●精神保健福祉士国家試験受験資格(20名枠)
●社会福祉主事任用資格
●中学校教諭一種免許状(社会)
●高等学校教諭一種免許状(公民、福祉)
●特別支援学校教諭一種免許状(知的、肢体、病弱)
●学校図書館司書教諭
●浄土真宗本願寺派教師資格課程
など

予想される進路

●児童福祉施設・障がい者自立支援施設・高齢者福祉施設等のソーシャルワーカー
●医療機関等のソーシャルワーカー
●精神科病院や精神保健関係施設のーシャルワーカー
●社会福祉協議会や公的相談機関のソーシャルワーカー
●中学校教諭
●高等学校教諭
●特別支援学校教諭
●一般企業
など

将来の目標に向けて段階的に指導。国家資格取得をバックアップ。

社会福祉コースでは社会福祉士や学校教諭といった人間と向かいながら支援、教育を行う専門職を養成しています。そのため早い段階から現場で活躍する専門家を招いて話を聞く機会をもうけたり、ボランティア活動を斡旋したりしながら学生のみなさんが自分の進路イメージを固めていくお手伝いをします。また、国家試験受験対策のための特別な講義を開講するなど国家資格取得にむけて全面的にバックアップしています。