現代社会学部 現代社会学科

現代社会学部 現代社会学科

2015年4月、現代社会学部 新設!
複雑に変化を続ける現代社会。求められているのは単に知識や技能を身につけただけではなく、問題の本質を的確に分析・理解して自ら行動できる人です。筑紫女学園大学に新設される「現代社会学部」では、社会学を基礎としながら「ビジネス社会」「メディア社会」「環境共生社会」といった3つの専門領域について学びを深めます。また、従来のような講義中心の授業だけでなく、4年間を通じて行うゼミナールや研究分野ごとのフィールドワーク、企業・団体でのインターンシップなど、論理的思考力や課題解決能力を養う授業方法を数多く取り入れます。キャンパスから社会へ。最先端の女性を育成するため筑紫女学園大学に新しい学部「現代社会学部」を開設しました。
筑女の考える「実学」
筑紫女学園大学で学ぶ新たな「実」学
現代社会学部は、「実」社会から学び、「実」践する。新しい時代の「実」学のカタチです。
急速に変化し、複雑化する現代社会。その実社会の抱える問題を調べ、分析し、議論を交わし、現実的な解決策を見出していく。
課題解決を可能にする実践力を養成します。

現代社会学部 コース紹介

ビジネス社会コース

現代社会学部 ビジネス社会コース
科学的なアプローチでビジネス社会で活躍する
グローバル化と個の多様化の急速な進展に伴い、社会が劇的に変化する時代。社会のニーズを的確に把握し、それに応えるために、ヒト・モノ・カネ・情報の経営資源や組織のマネジメントについて考え、ビジネス社会を通じて社会に貢献していく方法を学びます。

メディア社会コース

現代社会学部 メディア社会コース
多様なメディアや人間の創りだす文化を活用する
私たちの生活とは切り離すことができないメディアについて、その社会的機能や意義、メディアがもたらす私たちの生活への影響など幅広く学びます。また、さまざまなメディアと深い関わりのあるポピュラー文化を多角的な視野から学ぶことで、現代社会の諸相をとらえるための題材として活用する方法を学びます。

環境共生社会コース

現代社会学部 環境共生社会コース
人間と環境との関わりを学び環境共生社会を創造する
人口の増加、経済の拡大、産業社会の進展に伴って、私たちの生活に大きな影響を及ぼしてきた環境の課題を考察し、環境共生社会を創っていくために必要な視点や知識を、自然・生活・社会の観点から多角的に学びます。

こんな人に学んでほしい

学びのパスポートは知的好奇心。現代社会学部で求められるのは、現代社会の諸問題に関心を持ち、自分なりの解決策を見出すことでより良い社会の実現に寄与したいと願う姿勢です。あなたの好奇心を具体化し、実践する力を身につけます。

身につく力、学べること

現代社会をより深く理解するための知識と社会的事象を科学的に分析する社会調査の技能を身につけたうえで、ディスカッションやグループ活動を通し、実社会の幅広い分野で活躍できるコミュニケーション能力や主体性・リーダーシップを発揮できる人材へ。

現代社会学部で学ぶ意義

社会の一員として自らの能力を発揮するためには、主体性や自律性を確立するだけではなく、他者とのかかわりの中で自分と相手の両方の良さを引き出していくコミュニケーション能力も不可欠です。現代社会学部では自ら働きかけチームで学ぶことを重視した教育により、社会人に必要な実践的能力を育成します。

現代社会学部の資格・進路について

現代社会学部で取得できる主な資格

●社会調査士
質的・量的社会調査に関する調査・分析能力を有するとともに、既存の調査についての問題点を的確に指摘し、その改善策等を提言できる能力があると認められる者に対して、一般社団法人 社会調査協会が与える資格です。

●産業社会研究副専攻(本学独自)
●実用英語技能検定(英検)
●TOEIC
●Microsoft Office Specialist(Word/Excel/PowerPoint/Access)
●消費生活アドバイザー
●ニュース時事能力検定
●日商簿記検定
●秘書技能検定
●ビジネス実務マナー検定
●ビジネス文章検定
●ビジネス電話検定
●ITパスポート
●福祉住環境コーディネーター
●eco検定

現代社会学部の卒業後の進路

●金融・小売・観光・旅行・教育などのサービス関連分野
●メディア関連分野(マスコミ・IT・広告など)
●企業・学校・行政等の企画・広報担当部署
●地域づくりや文化振興などの文化関連分野や行政担当者、各種団体
●社会政策や企業団体に必要な調査・分析関連分野
など

現代社会学部の予想される進路

ビジネス社会コース

ビジネスの現場は、一般企業(製造業、小売業、金融業、サービス業、観光業、教育・学習支援業、情報通信業などの営業職、企画・経営、販売職、事務職など)をはじめ、自治体(非営利団体)、公益法人、NPOまで広がっています。将来活躍できるフィールドは無限に存在します。

メディア社会コース

企業の広報担当者の他、テレビ、マスコミ、インターネット、情報通信関連、広告代理店、出版物の編集者、デザイン・映像の制作会社など、メディア活用能力を発揮する企業が代表的な就職先として考えられます。その他、幅広い企業への就職も可能です。

環境共生社会コース

現在の企業には、環境マネジメントやCSRなど、環境への配慮が求められます。製造、流通、販売を行う企業の他、エコハウスなどをつくる建築会社。環境保全、ゴミ、リサイクル、まちづくり、動物愛護等を担当する公務員。環境保全やソーシャルビジネスなどに取り組む国内外のNPOなど、多様な職種での就職が期待されます。