学部・学科

人間科学部 人間関係専攻 発達臨床心理コース

年代や生き方によって少しずつ異なる人間の多様な心理。
現代社会のあり方や、人と人とのつながり、人と社会の関係など、心理学をベースに理解を深めながら、私たちが生きる「今」を見つめます。
一人ひとりの目標や将来の進路を早い時期から設定し、段階的な学びで着実にレベルアップ。 実践的な知識と技術、高いコミュニケーションスキル、豊かな人間性を磨き、福祉・教育分野をはじめ、幅広い分野で活躍できる人材を育成します。

教育の特徴と目標

発達に応じた心理と適切な支援法を理論と実習からバランスよく学習。

発達に応じた心理と適切な支援法を理論と実習からバランスよく学習。
発達臨床心理コースでは、幼少期から成年、高齢期など、人の生涯にわたる発達を学び、それぞれの年代の心理的特徴や、時期ごとに生じる特有の課題などを学んでいきます。世代、性別、生活環境、社会情勢など、多様な課題に対してどのようにサポートを行えばよいか、臨床心理学的な支援方法を、系統だったプログラムによって、理論と実践の両方をバランスよく学びます。人の心のしくみや社会の影響など、さまざまな視点から考える科目も充実しています。

教育・福祉分野の専門職をはじめ、幅広い業種での活躍が期待できます。

人の心や子どもの発達に理解を深める本コースでは、教育・福祉分野をはじめ、地域の様々な場で活躍できる人材を育てていきます。企業や中学校、高校、特別支援学校のほか、地域の各種支援センターなどでも、本コースの学びを活かすことが可能です。また、より高度に学べる大学院への進学も考えられます。自己をしっかりと持ち、人の心に寄り添っていける人材は、幅広い業種で求められています。

資格・進路について

取得できる主な資格

●認定心理士
●児童指導員任用資格
●社会福祉主事任用資格
●中学校教諭一種免許状(社会)
●高等学校教諭一種免許状(公民)
●特別支援学校教諭一種免許状(知的、肢体、病弱)
●学校図書館司書教諭
●浄土真宗本願寺派教師資格課程
●ピアヘルパー など

予想される進路

●一般企業
●社会福祉施設の職員
●児童指導員
●家庭裁判所調査官
●臨床心理士を目指して大学院進学
●中学校教諭
●高等学校教諭
●特別支援学校教諭 など

中学(社会)・高校(公民)、特別支援学校教員免許が取得可能。

資格として中学校、高等学校教員免許に加え、特別支援学校教員免許が取得できます。教育に必要な心理的知識の習得に特に有利であり、より現場に即した知識が学習できます。また、児童福祉施設で働くのに必要な児童指導員の任用資格が卒業と同時に取得できます。さらに、心理的な専門職を目指して大学院進学を希望する学生に対して積極的な学習支援を行っているのも本コースの特長です。