学部・学科

文学部 アジア文化学科

サンプル画像
古くから日本と密接な関わりをもつアジア諸国。
その多様な歴史から、現在の社会事情、生活、芸術に至るまで、「言語」「社会」「文化」を軸にして、幅広く理解を深めます。
また、アジアの玄関口・福岡という地の利を生かし、文化交流の軌跡などを体験しながら学ぶことができる個性的な実習・研修なども数多く実施。
目覚ましい発展をとげるアジアの未来を見据え、ビジネス、教育、芸術など、国際的なシーンで活躍する人材を養成します。

教育の特徴と目標

中国語の副専攻課程など、実用的なアジアの諸言語を学びます。

中国語の副専攻課程など、実用的なアジアの諸言語を学びます。
アジア諸国で使用されている言語を実践的に習得することで、アジアへの関心を育み、国際社会の第一線で活躍できる人材を育成。中国語、英語、韓国語、インドネシア語、ヒンディー語など、アジア地域に根ざした言語を学ぶことができます。特に、中国語は、副専攻課程の履修を通して実践力を強化します。

アジアの多様な社会事情を理解し、国際的な視野からアプローチ。

時代とともにダイナミックに変化をとげる現代のアジア。アジア諸地域の歴史・政治・経済などを、多角的かつ総合的に学ぶことで、多様なアジアの社会に対する理解力を高めます。アジアの一員である日本という認識をも養い、広い視野からアジアの「今」にアプローチできる人材を育成します。

芸術や音楽などを通して、アジア文化の魅力を体感します。

他国の文化や人を理解するには、まず自ら体験することが大切です。本学科では、アジアの思想、芸術、音楽、食文化などを体験的に学習できるさまざな取り組みを実施しています。これらの経験を通して、諸国に根ざした文化や生活様式などを理解し、そのあり方に共感できる豊かな感性と知性を育みます。

アジアの生きた文化と言語を学び、国際社会で実力を発揮できる人材を目指して。

急速な経済成長にともない、政治・経済・社会など急激に変化をとげているアジア諸国。本学科では、アジアの「言語」「社会」「文化」という3つの領域を軸に、国際的な視野と専門的な知識・技能、豊かな感性を持った人材の育成を目指しています。言語では、中国語などアジア地域の主要言語を実践的に習得。また、東アジア・東南アジア・南アジア・西アジアなど、各地域ごとに異なる複雑な社会状況をわかりやすく学びます。アジア文化の体験型学習が充実しているのも、特長のひとつです。卒業生は、航空・旅行業、貿易・金融業、ファッション・アパレル業などのビジネスをはじめ、教育や国際協力、芸術・文化面などで幅広く活躍。本学科の4年間で培った知識や能力、文化交流などの経験は、実社会でしなやかに生かされています。

資格・進路について

取得できる主な資格

●高等学校教諭一種免許状(公民、地理歴史)
●中学校教諭一種免許状(社会)
●小学校教諭一種免許状[通信教育による]
●学校図書館司書教諭
●博物館学芸員資格
●日本語教員養成副専攻(本学独自)
●中国語副専攻(本学独自)
●浄土真宗本願寺派教師資格課程

検定受検を授業で支援

●中国語検定試験
●中国語ガイド試験(通訳案内士)
●Microsoft Office Specialist 〈Word/Excel/PowerPoint/Access〉

卒業生の進路

アジアの玄関口といわれ、アジア諸国との交流拠点となっている福岡。この国際都市でアジア地域の言語や知識を体験しながら学べる本学科から、九州はもちろん、国内外で活躍する卒業生が数多く出ています。航空・ホテル・旅行、貿易・流通・金融、ファッション、国際交流、博物館等の公共施設など、幅広い分野への就職が可能です。また、海外の大学・大学院に進学する学生も増加しています。

内定者ピックアップ